マンションを売る際の媒介契約

契約の種類は?

マンション売却の媒介契約について

マンションを売却する不動産業者を決めたら、いよいよその不動産業者と契約をします。

どんな媒介契約があるのか?どの契約が一番良い契約なのか?といった疑問を解説していきます。

 

まずは、契約の種類から見ていきましょう。

 

一般媒介契約
依頼者は複数の不動産会社に依頼ができて、自分で購入者を見つける事も可能な契約です。
この契約には、マンション売却を希望する者が、媒介契約を締結している相手側の不動産仲介業者を明らかにしている「明示型」と、伏せておく「非明示型」が選択可能です。
専任媒介契約
契約ができる不動産業者は一社のみで、自分で購入者を見つける事も可能です。契約した不動産業者は売主に2週間に1度以上の業務報告&7日以内のレインズへの業務報告が義務付けられています。
専任専属媒介契約
マンション売却の仲介を依頼できるは1社のみで、自分で購入者を探すこともできません。不動産業者は、売主に最低週1回の業務報告が義務付けられており、5日以内のレインズへの登録もしなければなりません。

 

※契約の有効期間は3カ月以内で、依頼者の申し出がない限りは有効期間の更新はできません※

 

※レインズとは、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通指定機構が運営している、不動産流通標準情報システムの事です。簡単に言うと、ネット上で中古物件や土地の情報を交換するための『システム』です。
レインズの詳細はコチラ

専任(専属専任)媒介契約と一般媒介契約のメリット・デメリット

一般媒介契約

≪メリット≫
・複数業者に依頼できるため、比較できる。
・早く情報が広がる。
・早期に、しかも希望売価に近い高額での売却が可能。
≪デメリット≫
・不動産業者は、売却後に入ってくる報酬が手に入る可能性が低くなるので、やる気につながりにくい。
・複数業者で情報量増えるため、整理がしづらい。

 

専任媒介契約・専属専任媒介契約

≪メリット≫
・不動産業者は、売却後に入ってくる報酬が手に入る可能性が高くなるので、やる気につながりやすい。
・契約する不動産業者がひとつのため情報の整理がしやすい。
≪デメリット≫
・やる気のない不動産業者(悪質な不動産業者)に当たった時にマンション売却自体が失敗してしまう可能性がある。
・専属専任媒介契約の場合…不動産仲介業者の動きや意欲に満足がいかなくて、途中でこの契約を解約する為には、それまで不動産仲介業者が当該マンションの売却のために使った費用を弁償しなくてはならない。

※専任媒介契約・専属専任媒介契約を途中解約すると…
※専属専任媒介契約の注意点

お勧めの契約は?

マンションの価値は、その立地や管理で大きく変わります。そのため、高額売却が期待できる人気のマンションの場合には、一般媒介契約が適していると考えても良いでしょう。

 

ただし、
不動産業者の報酬は、売却を完了しなければ発生しないため、他の不動産業者で決まった場合自分の報酬が入ってこないという事になります。
ですから、不動産業者も一般媒介契約で依頼を受けるよりも、確実に手数料をもらえる“専任媒介契約”か“専属専任媒介契約”を締結したいと思っています。 
専任媒介契約では、自分で購入者を見つける事も可能で、不動産業者の『やる気』にもつながるので“専任媒介契約”をオススメします。 

 

1社だけしか契約できない“専任媒介契約”でも、レインズの登場により、一般媒介契約と同じ様に自分の物件情報がより多くの不動産業者に情報が広まります。

 

どうしても不安という方は、まずは媒介契約の期間を1ヶ月とすれば良いでしょう。もし、その不動産業者が良いと思えば引き続き更新をして3カ月の契約をすれば良いですし、もし思うようにいかなければ契約を更新しなければ良いのです。

マンション売却の媒介契約について関連ページ

まずは不動産業者に電話してみよう
マンション売却をするにはまずは不動産仲介業者に依頼する必要があります。そのため、まずは気になる不動産業者に問い合わせをしてみましょう!
不動産会社の選び方
マンションを売却する際には、不動産会社の選定が非常に重要になってきます。このページでは、賢い業者の選び方を解説します。
住んだままマンションは売れるの?
マンションを売却のために引越しをしなければならない事はありません。こちらのページでは、住んだままマンションは売れるのかを解説します。
リフォームについて
マンション売却時にリフォームは必要なのか?という事について記載しています。

TOPページ 不動産業者の選び方 マンション値下げ相場 マンション売却時期 マンション売却相場