不動産会社の選び方について

賢い業者の選び方

不動産業者の選定

不動産業者の選定は、マンション売却が【成功する】か【失敗するか】を大きく左右します。

そこで、マンション売却を失敗しないために≪不動産業者の賢い選び方≫についてポイントを解説していきます。

 

【大手不動産業者】と【地域密着型不動産業者】ってどっちに依頼する?

【大手不動産業者】と【地域密着型不動産業者】どちらもメリットはあります。ただ、今では「レインズ」の登場により、不動産業者の大小関係なく情報が行き渡るようになったので、どちらが良いというのは本当に難しい質問になります。最終的には、その不動産業者や営業マンが“信頼”できる所と契約するのが一番だと言えるでしょう。

大手不動産業者

・サービスがマニュアル化されており、利用しやすい
・資金力があり、宣伝効果も期待できる
大手業者の特徴詳細

地域密着型不動産業者

・付き合いやコネがあり、その地域の情報を持っている
・独自の情報網があるので、大手業者とは違った売却ルートが存在する場合がある
地元業者の特徴詳細

中小不動産業者の特徴はコチラ

 

宅建免許の更新番号が大きい方がいいの?

宅建免許の更新番号が大きいということは、長く営業を続けているという事なります。ですから、それだけ信頼のある不動産業者と言っても過言でありません。ただ、勘違いしていけないのはまだ出来て間もない新しい不動産業者でも良い仕事をする不動産業者はたくさんあるという事です。これは、どの業界でも当てはまる話ですが、逆に昔からの不動産業者は、体質も古い可能性があるので注意が必要な時もあります。

 

不動産業者には得意分野がある

皆さん色々な不動産業者があるのはご存知かと思います。賃貸をやっている不動産業者、マンション売買をやっている不動産業者、商業用の不動産の売買を得意とする業者…売買の中でもマンション売買であったり、商業用不動産売買と行っている業務は様々です。 ここで、当然ながらマンション売却を依頼する際には“売買が得意な不動産業者”に依頼してください。 賃貸が得意なの不動産業者に依頼しても、「マンションを買いたい」というお客様を持っている可能性はかなり低いので、最悪マンションが売却できないなんていうケースもありますのでご注意ください。

 

駅前にある不動産業者は良い?

今の不動産会社は、インターネットに対応しており様々な情報を発信する事ができます。“レインズ”という情報技術により、極端に言えば“山奥の不動産業者”に依頼しても、物件情報は届きます。ですから、駅前だから絶対的に良い不動産業者というわけではありません。

 

※特定の不動産業者を調べてみる

 

ただ「良い人だなぁ」と担当を決めてしまうと非常に危険です。

最適なパートナー選びをするために、いくつか質問を投げかけてみましょう。

1.どのくらいの顧客を持っているか?過去の実績は?(その不動産会社の得意とするエリアと注力エリアでの年間取引実績)
2.実際の販売方法は?(レインズへの登録・顧客へのアプローチ方法など…)
3.仮に貸したら月々いくら位になる?
4.リフォームして売るとだいたいいくら位になる?

マンション売却の事はもちろんの事、売却以外の部分を具体的に提案してくる不動産会社を選ぶと良いでしょう。

 

⇒「賢い不動産業者の選び方

不動産会社の選び方関連ページ

まずは不動産業者に電話してみよう
マンション売却をするにはまずは不動産仲介業者に依頼する必要があります。そのため、まずは気になる不動産業者に問い合わせをしてみましょう!
一番良い契約の種類は?
マンション売却する際に不動産会社と行う媒介契約。3種類の中から自分に合った媒介契約を選ぶのですが、一番自分に合った契約の選び方について解説しています。
住んだままマンションは売れるの?
マンションを売却のために引越しをしなければならない事はありません。こちらのページでは、住んだままマンションは売れるのかを解説します。
リフォームについて
マンション売却時にリフォームは必要なのか?という事について記載しています。

TOPページ 不動産業者の選び方 マンション値下げ相場 マンション売却時期 マンション売却相場