マンション売却のお役立ち情報

マンション売却 | お役立ちコンテンツ記事一覧

訪問査定の具体的査定項目について

不動産会社が実際に売却希望マンションを訪問して、マンションの査定価格を算出する訪問査定の具体的現地調査はいったいどのようなものなのでしょうか。訪問査定で調査する主な項目リフォームの必要性があるか否かかといったマンション室内の様子や、共用部分、建物の状態、また、方位、日当たり、眺望などの立地条件、周辺...

≫続きを読む

同じ一棟の内のマンションでも、査定評価は異なる

マンション等の不動産は、一戸一戸が「特定物」です。例え同じ階の隣にある全く間どりが同じマンションでも、法律上同一と言える「不特定物」ではありません。同じマンションでも査定価格が異なる⇒同じマンションでも査定価格が違い、その違いはどのような評価項目が影響を与えるのかを知っておくことも重要です。もし、当...

≫続きを読む

マンション売却のための査定方法

マンションの査定方法とは不動産の査定・鑑定方法は、原価法・取引事例比較法・収益還元法の3つが、基本となります。取引事例比較法査定を依頼した売却予定マンション(査定マンション)とその周辺地域にある当該マンションによく似た仕様や環境、間どりのマンションの最新の実際に取引された売買事例を比較して査定価格を...

≫続きを読む

マンションを売却する時期

マンションを売却するには、そのマンション売却時期を考える必要があると言われてきました。何故なら、1年を通して不動産物件がよく動くのが、一般的に1月中旬頃〜3月と言われて来たからです。また、その次に動きがよかったのが、9月初旬〜11月中旬頃でした。転勤や入学などの関係で4月はマンション購入者が増えるこ...

≫続きを読む

マンション売却の際に行われる査定依頼の注意点

マンション売却向かう流れで、大きなウエイトを占めるものに業者への査定依頼があります。不動産仲介業者との査定業者の選定を済ませたら、実際に査定を依頼します。マンション査定には様々な種類があるマンションの査定と言っても、不動鑑定士が行う詳しいものから、インターネットのサイトで行う簡易査定と呼ばれるもや、...

≫続きを読む

売却マンションの築年数と査定価格の関係

マンション等の不動産は、購入と同時に下落して行くのが通常の姿です。例えば、デベロッパー等から新築マンションを購入した場合でも、その売却価値は、購入価格の約80%と言われています。何故なら、当該マンションの営業経費等が、購入価格に組み込まれているからです。その上、建物は経年経過による劣化が進むので、そ...

≫続きを読む

中古マンションの価格査定ツールの代表とは

マンション査定には色々な手法があり、査定を行う不動産会社によってもその参考データが異なります。これに関して、中古マンションを取引事例比較法によって査定する際に、多くの不動産業者が使用する査定マニュアルに、『(財)不動産流通近代化センター』が発行する「中古マンション価格査定マニュアル」があります。中古...

≫続きを読む

購入した業者にマンション売却を依頼する

売却マンションをなるべく高く売るための検討課題の一つに、当該マンションを購入した先の不動産会社に買取りの依頼や査定を依頼することが挙げられます。売却マンションについては、当然のことながら、当該売却マンションの売主であった業者が一番詳しいので、誠実な業者であれば、売却マンションの査定においても、一番正...

≫続きを読む

マンション売却 | 媒介契約

マンション等の不動産売却にあたり、マンションの売主と不動産仲介業者と間で締結する契約を「媒介契約」と言います。この契約には、一般媒介契約・専属媒介契約・専属専任契約の3種類があります。それぞれの契約については、「コチラを参照」してください。マンション売却の場合も、不動産仲介業者とこの媒介契約を交わす...

≫続きを読む

マンション管理と査定価格の関係

売却する中古マンション査定には、マンション独特の問題であるマンションの共用部分の管理状態も大きく影響してきます。マンション管理が査定価格に影響するマンションは、区分所有法でその所有形態や権利関係、管理関係が定められ、大きく分けて、個人所有者の専有部分と一棟のマンション住人の共用部分に分割されますが、...

≫続きを読む

自分でマンションを査定できる!?

マンション等の不動産の価値を査定する価格情報サービスを利用すれば、大まかなマンションの査定価格を自分自身で簡単に類推することが可能です。【自分でマンション査定ができる!?】ある不動産鑑定会社のサイトには、何百万物件にも及ぶ中古マンションの売買事例データが蓄積されています。このようなサイトを使用して査...

≫続きを読む

地元の不動産業者の特徴

地元密着型の不動産業者は、個人的家族経営を営んでいます。古くから地域密着型の不動産会社経営をなす、いわゆる“町の不動産屋さん”と呼ばれる存在です。地元不動産の強み・地元密着型と称される独自に築き上げた自前の情報網・その人間関係が生む確かで濃い情報不動産業界に留まらず、長年一つの業界に身を置いていると...

≫続きを読む

マンション売却と賃貸について

マンション売却の際に、ある程度まとまったお金が必要でない限り、賃貸にマンションに出して、毎月の家賃収入(インカムゲイン)を得たほうが良いのではないかと言うことです。マンションのような不動産を手放すのは、最後になって迷うことがよくあります。【マンション売却orマンション賃貸】最近の経済情勢では、金融機...

≫続きを読む

マンション売却時の購入申込書について

売却マンションに興味を持った人が、実際に売却マンションを内覧し、売却マンションを気に入れば、購入希望者は購入申し込みをします。購入希望者には購入申込書を記入してもらいますが、この購入申し込み書にも重要な事が記載されているので、どの点に重点を置いてチェックすべきなのかを知っておく必要があります。【マン...

≫続きを読む

中小不動産業者について

典型的な個人家族経営の不動産業者である地元不動産業より、その規模が多少大きなものが中小不動産業者と呼ばれる存在です。中小不動産業者は…大きく捉えれば地元の業者の一種であり、以前はいわゆる“町の不動産屋さん”として営業を長く続けてきた不動産業者や、別の業界から新たに不動産会社を設立して不動産業界に参入...

≫続きを読む

ワンルームマンションの売却について

最近の不動産投資ブームに乗って、投資用のワンルームマンションを購入した方も多いのではないかと思います。ただ、ワンルームマンション1戸の所有では、空室リスクが大きく、思い通りの投資リターンがなく、売却をお考えの方もいるのではないでしょうか。ワンルームマンションの売却について紹介していきます。ワンルーム...

≫続きを読む

賃貸マンションの売却について

ワンルームマンションではないものの、いわゆるファミリー層向けの「賃貸マンション」は、「投資物件」や「収益物件」と呼ばれています。一般的な住居用マンション情報を収集する範囲内ではあまり見かけませんが、「投資物件 売却」や「収益物件 売却」をキーワードとして検索すると、このような物件を得意とする、多くの...

≫続きを読む

抵当権抹消手続きの際に必要な司法書士費用

マンション売却等の不動産取引には、登記手続きが必ず付いてきます。この登記手続きを当事者の代理人として専門的に行う者が、司法書士と言う国家資格者で、この司法書士業務を行うためには、各都道府県に登録しなければなりません。しかし、抵当権抹消手続き等の登記手続きは、自分で行うことも出来ます。抵当権抹消手続き...

≫続きを読む

住宅メーカー系不動産業者について

住宅メーカー系の不動産業者とは…住宅メーカー系の不動産業者と呼ばれるのは、住宅メーカーが100%全額出資した直系の不動産業者のことです。大手住宅メーカーの中には、直系の不動産業者を配し、積極的な不動産仲介を行っている会社も見受けられます。住宅メーカー系の不動産業者の場合、その名の示すように、親会社の...

≫続きを読む

銀行系の不動産業者について

銀行系不動産会社とは…不動産業者の中には、銀行の名を冠しているところもあります。これら銀行グループ傘下の不動産業者の沿革をたどれば、当該銀行の預金顧客の不動産購入の手伝いや、処分・投資といったものから発展して来たようです。とくに一昔前は、土地本位制とも呼ばれ、担保には不動産がないと駄目だととの考えが...

≫続きを読む

マンションを売る際の権利書紛失について

マンションを売却する際に、権利書が必要になります。権利書なんて滅多に触る書類ではありませんので、知らないうちになくしてしまったなんていう人も少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、権利書が紛失した場合のマンション売却について記載します。権利書が紛失した場合は…結論から申し上げますと、権利書を紛...

≫続きを読む

ゼネコン系不動産業者について

ゼネコン系不動産業者とは…大手に限らず、建設会社を母体とする不動産業者も全国には多く存在します。建設業と不動産業ほど相性の良いコンビはありません。その中で、ゼネコン系の不動産業者の業態は、親会社が建設したマンションや系列会社の管理しているマンション売買を主に取り扱うことにその特徴があります。ゼネコン...

≫続きを読む

大手不動産会社のシステム!

大手不動産業者と呼ばれる不動産業者は、テレビCM等でもよくよく見かける全国的に営業所やフランチャイズ店を構える有名な不動産業者です。大手不動産業者に共通する強みは…なんと言っても全国に張り巡らされた巨大な情報ネットワーク力とその知名度の高さにあります。CMを繰り返し流し、全国に名の通った不動産業者で...

≫続きを読む

こんなマンションはすぐ売却しよう!

マンションというのは当然ながら、時間がたてばたつほど資産価値は下がっていきます。そのため、今必要としないマンションはすぐに売却した方が賢いと言えるのです。今回は、すぐに売却した方が良いマンションを解説していきたいと思います。【こんなマンションはすぐに売却!】駐車場がない・車社会の現代に駐車場がないマ...

≫続きを読む

マンション値下げについて

マンションがなかなか売れない場合には、時間がある方ならそのまま購入者を待つと言う方法もありますが、そんなに待ってられないという人は値下げをするという方法があります。ただ、マンションなんて普通に売却した事がないという方がほとんどで、どの位の値下げして良いのか・どの位のスパンで値下げすれば良いのか分かり...

≫続きを読む

マンション売却 | 決済当日の流れ

遂に、マンション売却も最終段階に突入と言った所でしょうか。決済当日の流れについて紹介していきたいと思います。【決済の場所】・ほとんどの場合、買主が住宅ローンを借りる銀行で行われます。場所に関しては念のために、不動産業者にどこで行うかを確認しておきましょう!【当日の流れ】1.司法書士へ必要書類を提出2...

≫続きを読む

知らない不動産仲介業者から連絡があったら…

マンションの売却活動を行っていると、突然知らない不動産業者から連絡がある事も少なくないようです。不動産仲介業者と媒介契約を締結させた後に、レインズに掲載されたり、物件情報がインターネットなどで公開されると、その情報を元に、媒介契約結んだ不動産業者とは異なる業者から引き抜きの連絡があるのです。こういっ...

≫続きを読む

訳ありマンションの売却方法

マンションの売却をするには、様々な理由があります。通常の理由であれば不動産業者を探して、媒介契約をするという流れになるのが当たり前ですが、あまりおおやけに出来ない「理由」がある場合はどうしましょう。その理由が「何らかの理由で人が亡くなっている部屋」の場合、事故物件として扱われます。もちろん売却は可能...

≫続きを読む

マンションが競売になる前に…

競売とは、マンションのローンを3ヶ月滞納した場合に起きてしまう最悪の状態です。せっかく買ったマンションも、ローンの支払が3ヶ月間滞ってしまうと、マンションの抵当権を持つ金融機関がマンションを強制的に売ってしまう事を指します。競売になってしまった場合は為す術を全て失い、マンションの所有権も当然無くなる...

≫続きを読む

任意売却のデメリット

任意売却にすれば、マンションの売却金額でローンが完済できなくてもマンションを売れるのですが、当然デメリットも存在します。まず任意売却をするということは、ローンが支払えないと言うことなので、信用情報機関に事故として記録されます。つまりブラックリストになってしまうのです。これはローン返済が3ヶ月遅れた時...

≫続きを読む

マンション売却 | 手付金のタイミング

マンションを売るということは不動産売買契約になるので、一戸建ての取引等と同じ流れになります。マンションだからといって契約自体は一戸建てを売却するときと変わりはないので、契約が成立すると買い手は売り主に大して手付金を支払うのが一般的な通例になっています。ひと口に手付金と言っても3種類あり、違約手付、証...

≫続きを読む

専任・専属専任媒介契約の途中解約

不動産業者と媒介契約をして、あまり成果が見込めずマンションがなかなか売れないという場合は媒介契約をしている不動産業者を変えてみるという選択も考えなければなりません。【解約をすると広告費が請求される!?】専任媒介契約や専属媒介契約と言った1つの不動産業者としかできない契約をを解除する場合は、解除するこ...

≫続きを読む

瑕疵担保の期間について

瑕疵担保責任で一番重要なのは、瑕疵担保責任を売り主が負うかどうかということと、負うとすればどの位の期間責任を問われるのかです。 (※瑕疵担保責任とは…)物件の欠陥である瑕疵は、売り主が知らないものでもマンションを買った人がそれを発見した場合、売買契約書に書いてある瑕疵担保責任を問える期間内であれば売...

≫続きを読む

マンション購入希望者との交渉

マンションの購入希望者が現れ「買付証明書」が届いたら、内容の確認をした上で交渉をするかどうかを決めます。買付証明書の内容が厳しいと感じればこの時点で交渉を受け付けない事もできます。交渉をすると決めた場合は基本的に売り主が媒介契約をしている不動産業者と、購入希望者側の不動産業者の間で交渉が行われます。...

≫続きを読む

マンション売却トラブルの全体像

残念なことに不動産業者とのトラブルは多いです。不動産業者に問題だけではなく売り主側の問題でもトラブルになっている事が多く、一度トラブルになってしまうとマンションの売却にも影響してしまいます。主なトラブルは…手数料等の金銭関係から、契約に関するもの、担当者に起因するものや売リ主の無茶な要求といったもの...

≫続きを読む

マンション売却トラブル〜手数料について〜

不動産業者に支払う手数料は、基本的に仲介手数料のみです。仲介手数料は不動産業者が売りだしたマンションの購入希望者を見つけてきて、契約にまでこぎつけた場合に支払う必要が出てきます。自力で購入者を見つけた場合や、購入者が見つからなかった場合には仲介手数料を支払う必要はありません。また、違約金も必要ありま...

≫続きを読む

マンション売買契約時の注意点

交渉もまとまり買い主と売買契約をすることが決まると、不動産業者立ち会いの元で契約が行われます。この契約もきちんとした方法が定められていて、最初に買い主に対して重要事項が宅地建物取引主任者の有資格者から説明される事になっています。これは書面で説明され、これから売却するマンションに何らかの問題がある場合...

≫続きを読む

マンション売買契約を解約するとどうなる?

買主と売買契約を交わした後に買い主が契約事項を守らなかったりした場合は契約を解除することも出来ます。約束事を守らないのですから買い主はそれ相応のペナルティを受ける事になりますが、これは当然売り主も同じです。自分の都合で契約を解除した場合はそれ相応のペナルティを受けることになります。売り主側が自己都合...

≫続きを読む

マンション売却キャンセルはお早めに!

何らかの理由で売るのを止めたい場合は、マンションの売却がどこまで進んでいたかによって対応が変わってきます。買い手がいない状態で不動産業者に媒介契約をする前ならなんの問題もありません。不動産業者と媒介契約をしていた場合は、買い主が現れないという状態なら媒介契約を解除すれば良いのですが、不動産業者が営業...

≫続きを読む

路線価を調べよう

ニュース等で「路線価」という言葉を聞いたことはありませんか?路線価は簡単にいえばある道路に面した土地の価格です。一般的に路線価は土地価格の相場のように思われている節がありますが、実は路線価というものは土地の価格の基準といえばその通りなのですが、国税庁が扱っているものなのです。税金を扱う国税庁が扱うも...

≫続きを読む

マンション売却 | 部屋の設備の扱い

マンションの売却に成功し、契約も済ませ部屋の引渡しをするのですが、引越しの時に部屋にあるエアコンなどの設備はそのままで良いのでしょうか。部屋にあるエアコンやガスコンロ等の設備は、時にトラブルの元になることがあります。売り主には売却したマンションの瑕疵(かし)責任があります。瑕疵とは簡単にいえば売却し...

≫続きを読む

不動産業者を調べる

不動産業者は、宅地建物取引業法という法律の制限が設けられています。宅地建物取引業の免許を確認しよう!不動産業者は、都道府県知事か国土交通大臣が発行する宅地建物取引業の免許を取得していなければならず、無免除では営業ができません。この免許には番号が振られていて、この番号を元にその不動産業者の内情をある程...

≫続きを読む

マンション売却 | フローリングの補修

売りたいマンションの部屋にキズがついていれば、当然のように不動産業者の査定額は下がります。効果面ではさほど大きなものは望めませんが、細かいキズがたくさんあり目立っている場合等は修理すると査定面はあまり大きなメリットがないとしても、見学者が訪れた時には大きな効果を得られるものです。見た目の印象はとても...

≫続きを読む

自力でマンション売却はできるのか!?

結論から言えば可能です。ただしそれなりのコネクションや買い手となる相手の目星がなければかなり困難なものになるでしょう。予め買い手がいる場合は問題はありませんが、契約書や支払いの方法、引渡し期間等の調整は相当難航することが予想されるので、不動産取引とマンションの取引に関する知識は勉強しておいたほうが無...

≫続きを読む

仲介手数料を支払う際の注意点

不動産会社の媒介契約でマンションが売れると、不動産業者に対して仲介手数料を支払うことになります。この仲介手数料は、通常であればマンションの売買契約を交わした後に買主から支払われる手付金で仲介手数料の一部を支払う事が多いのですが、不動産業者は売買契約が成立した時点で仲介手数料を請求する権利を持つために...

≫続きを読む

売るマンションに反社会勢力が存在する!

売りたいマンションに暴力団等の反社会勢力と呼ばれる集団が住んでいたり、事実上の事務所として利用していたりした場合、マンションの売却に影響が出てしまいます。同じマンションに居るというだけでマイナスですが、万が一隣の部屋が反社会勢力に使用されていた場合はその事実が買い主に知れた時点でほぼ売れることはあり...

≫続きを読む

マンション売却 | 媒介契約のトラブル

媒介契約とは契約の一種です。不動産業者にマンションの売却を仲介して貰うときには必ず媒介契約をすることになりますが、基本的に3ヶ月で契約は終了します。この3ヶ月の間にマンションの買い手が見つからない場合は不動産業者と再び媒介契約をするか、媒介契約をするとしても他の不動産業者に変えるかになるのですが、悪...

≫続きを読む

マンション売却 | トラブル回避方法

物事にはトラブルがつきものです。マンションの売却も当然例外ではありません。マンションを売ると言うことは不動産取引なので対応を間違えると大きな代償を支払わなければならない事もあります。大きなお金が動くのがマンションの売却なので、なにか起きればマンションが売れないばかりか余計な出費になってしまうこともあ...

≫続きを読む

マンション売却トラブルに巻き込まれた場合

契約にはトラブルがつきものです。残念な事に不動産関係のトラブルは決して少ないとは言えず、不動産業者が原因のものから、買い主や売り主が原因のものまで数多く起きています。トラブルは回避するのが一番ですが、どんなに回避をするための手段を講じていても起きてしまう時は起きてしまうものです。一度発生してしまった...

≫続きを読む

マンション売却 | 壁の補修

子供が暴れたり、家具の移動等で壁に穴が開いていないでしょうか。マンションの壁は石膏ボードが利用されている所も多いので、「このくらいで!?」という力でぼっこり穴が開いてしまう事も多いものです。当然ですが不動産業者の査定ではマイナス要因ですし、購入意思のある人が内覧に訪れたときに壁に穴が開いていては売れ...

≫続きを読む

マンション売却は買主の事を考える

あなたはマンションを売ろうとしている「売り主」です。売り主はマンションを売る事が目的なので、売るために様々な行動をすることになります。マンションの価格を決めるのもその1つですがあまり安い値段では売りたくないのは当たり前ですし、より高く買ってくれる人を探すのも当然の事です。早く高く売れ、瑕疵担保責任の...

≫続きを読む

土地価格の基準となるもの

土地の価値は、その土地を利用する場合何が適正なのかで決まってくるので「土地の価値」といっても様々な側面があります。一般的によく見るのは国税庁が公表している「路線価」で、ニュース等でも取り上げられます。この路線価は最大3年分のデータにさかのぼって見ることができ、「路線」に面している土地1平方メートルの...

≫続きを読む

マンション売却価格と売り方

マンションを売るにあたり、不動産業者の査定や周辺のマンション価格等の情報から売却価格を設定するのですが、それらの情報のみで価格を決めてしまうのは良い選択とはいえません。確かに情報から導き出された数字はその時は適正だと言えなくもありませんが、その時に得た査定額や情報は「その時」のものです。時間が経てば...

≫続きを読む

マンションを高く売ろうとすると売れ残る

なにか物を売ろうとするとき、どんな人でも1円でも高く売りたいというのが心情というものですが、マンションのような高額なものになってくるとその「とにかく高く売りたい!」という気持ちがかえって悪影響を及ぼす事も出てきます。基本的に個人間売買なので、相手は質屋やリサイクル店と違い業者ではありません。相手が情...

≫続きを読む

マンション売却 | 専属専任媒介契約の罠

専属媒介契約は専任媒介契約よりも厳しい制限が設けられていて、マンション売却に関する営業や活動内容と結果を一週間に1度以上、メールか書面で報告をしなければならないという頻度の高い期間で売り主に報告する義務が科せられています。この契約をした不動産業者は本気で売却に向けた活動を考えて仕事にかからないと自社...

≫続きを読む

不動産会社に嘘はつかない

不動産業者が査定に訪れた際に、売りたいマンションに対して様々な聞き取りを行います。売り主が知らない事も当然あるのでそれは仕方のない事ですが、高く売りたいがために売却に不都合な事を知っているのに知らないとウソをついてしまうと、後々大きなトラブルになり結果として多大な代償を払う事になってしまうことがあり...

≫続きを読む


TOPページ 不動産業者の選び方 マンション値下げ相場 マンション売却時期 マンション売却相場