マンションが売れない理由とは

売りに出したマンションが売れない理由

マンションが売れない理由

無事にマンションを売りに出したはいいが、全く売れる気配がない…

マンションが売れないのには必ず理由があります。
売りに出したマンションが売れない理由を解説していきます。

 

売りに出したマンションが売れない理由

 

1.内覧希望者がいない

【問い合わせはある】
・担当者がマンションを紹介したとしても、価格が高いため内覧にまでなりません。まずは価格調整をして、内覧希望者を増やす事が絶対条件です。
【問い合わせもない】
・その地域でマンションを購入したいと思っている人がいない可能性があります。その場合は、買主が現れるまで待つか販売価格を下げるしか方法はありません。とにかく、内覧希望者を増やしましょう。

 

2.内覧希望者があるのに売れない

・売れなかった原因を不動産業者にしっかりと聞きます。売れない理由を把握して、改善していきましょう!!

 

ただ、何も考えずに値下げをするのではなく、
値下げの際にはその値下げが効果的か考える必要があります。

 

例えば、1,000万円で売りに出しているマンションの100万円の値下げを考えているとします。
単に100万円の値下げをするのではなく、50万円の全室クロスを貼り替えて、クリーニングをして「内装済み」として売りに出すという方法もあります。

 

それでも駄目な場合には値下げをするという考え方もあります。

 

値下げの相場はコチラから!

 

せっかくお越しいただいた内覧者に対しても注意が必要です。
※内覧の注意点※

 

※すぐにでも売却した方が良いマンション※

売りに出したマンションが売れない理由関連ページ

確定申告について
マンション売却後には確定申告をする必要があります。必要な書類ややり方について解説します。忘れずに確定申告を行いましょう。
買い取り保証制度とは?
マンション売却の際の買い取り保証制度について解説します。マンション買取保証の失敗例を踏まえながら解説していきます。
公租公課・諸経費返還
マンションを売却するとマンションの買主より租税公課費用・諸経費が返還されます。知らないと損する可能性もありますので、頭の中にいれておいきましょう。

TOPページ 不動産業者の選び方 マンション値下げ相場 マンション売却時期 マンション売却相場