マンション売却時の担当者の選び方

担当者を見極める

マンション売る 担当者

不動産業者にマンション売却を依頼すると、担当者がつきます。今後のマンションの販売活動に関する質問、販売活動の流れをなど全てをその担当者に任せる事になるので、担当者を決める際には慎重にならなければなりません。

そこで、お勧めの担当者・お勧めできない担当者を見極める4つの方法を紹介していきます。

 

担当者の第一印象で見極める

・「靴下に穴が空いている」「タバコ臭い」「スーツがよれよれ」…見た目でその担当者の仕事に対する取り組みが見えてきます。人生で一度あるかないかの一大イベントにそのような担当者に任せるのは危険です。

 

話をしっかりと聞いてくれるか?

・売主つまりアナタの悩み・問題をしっかりと聞いてくれる担当者を選びましょう。

 

しっかりとした対応をしてくれる

・わからない事はごまかわずに、調べてから回答すると言ってくれるような担当者にしましょう。
・担当者にマンション売却に関する質問が多々でてくると思います。その場合、メールや電話で問い合わせる事になりますが、この際に、ちゃんと電話・メールをその日のうちに返してくれる担当者にしましょう。
・知識のない初心者の人に専門用語ばかり使っている担当者は、売主の事を考えている担当者とは言いにくいでしょう。

 

宅建取引主任者

・担当者が宅建取引主任者を持っていなくてもマンション販売活動は十分にできます。しかし、宅建取引主任者を持っているという事はそれだけ“努力した”という証です。できれば、そういった地道な努力をする人にマンション売却をお願いしたい所です。

マンション売却 | 担当者を見極める関連ページ

マンションを高く売るコツ
ちょっとした努力をするだけでマンションを高く売却することができます。こちらのページでは、マンションを少しでも高く売るためのテクニックを解説します。
売却価格の設定方法
マンション売却価格を決める方法を解説します。
電話1本で不動産屋を見極める方法
電話1本で不動産屋を見極める方法を解説します。
マンション売却の注意点
マンション売却の注意点を解説します。
内覧のポイント・注意点
マンションを売却時の内覧のポイント・注意点を解説します。

TOPページ 不動産業者の選び方 マンション値下げ相場 マンション売却時期 マンション売却相場