マンション売却に必要な書類

マンション売却に必要書類は何がある?

マンション売却時の必要書類

マンション売却時の必要書類

マンションを売却する際には、事前準備が色々必要ですが、まずは必要書類を集めなくてはなりません。そこで、今回はマンションを売る際に必要な書類を記載したいと思います。
マンション売却時に必要な書類は10あります。

 

1.権利書
 権利書とは、登記済証の事です。所有不動産を新しい所有者に所有権を移す時に必要になる書類です。 もし、万が一紛失している場合には再発行できないため、司法書士に証明してもらう手続きをとるようにしましょう!
権利書をなくした場合はコチラを参照

 

2.固定資産税の納税通知書
 毎月支払う固定資産税や都市計画税の年税額を確認するために用意が必要になります。

 

3.住民票・印鑑証明・実印
 住民票は、現住所と登記上の住所が異なる場合に必要になりますが、マンションの共有者がいる場合、共有者分も必要になるので注意が必要です。印鑑証明も同様。

 

4.管理規約・使用細則・総会資料
 そのマンションの管理会社から配布されているものです。

 

5.ローン返済予定表
 毎月の支払額と直近の住宅ローンの残債務額が分かるものが必要になります。予定表は、ローンを借りている金融機関から配布されているものです。

 

6.印鑑証明書
 3カ月以内のものが必要です。

 

7.身分証明書
 本人確認のため必要になります。

 

8.実印
 印鑑登録をした印鑑です。正式に契約を交わす時に必要になるものです。

 

9.マンション購入時の契約書
 マンションに関わる情報を示す際に必要になる資料です。

 

10.毎月の維持費が分かる物
 管理費や修繕積立金・組合費、町内会費など…維持費が分かる書類を集めておきましょう! 

 

以上の10の項目になります。売却のタイミングを逃さないためにも、集めれる時に早めに集めておきましょう!

マンション売却に必要書類は何がある?関連ページ

マンションを売る方法
マンション売却の際には流れと方法について知る必要があります。このページを参考にして学習していきましょう!
必要経費と税金
マンション売却に必要な諸費用と税金について知ることで、より効率よくマンションを売却することができます。質問がある場合には、問い合わせフォームよりお願い致します。
相場の調べ方
マンション売却相場を知る事で、マンションをより高く売却できる可能性があります。このページではマンション売却の相場の調べ方について紹介していきます。
住宅ローンがある場合のマンション売却
だいたいの人が組んでいる住宅ローン。住宅ローンがある場合はマンション売却できるでしょうか。初めての方でも安心して売却できるよう疑問を解説します!

TOPページ 不動産業者の選び方 マンション値下げ相場 マンション売却時期 マンション売却相場