ローンがあるマンションの売却

住宅ローンがある場合のマンション売却

ローンマンションを売る

 

 

マンションを一括で購入する人はほとんどいないと思います。だいたいの人はローンで購入しますよね。
そこで、今回は『住宅ローンが残っているマンションを売却できるのか』を解説していきたいと思います。

 

 

住宅ローンが残っている場合にはマンション売却は可能?

 

基本的には、マンションは住宅ローンを完済しなければマンションを売却する事はできません。
なぜかと言うと、マンションには“抵当権”というものが存在するからです。

 

 

抵当権とは、簡単に言うと「担保物権」の事です。
つまり、お金が返ってこなくなった時の保証と考えるのが簡単かもしれません。 
住宅ローンの返済ができなくなった場合には、お金を貸した側(ローン会社)は、抵当権を実行して競売を開始します。

 

 

抵当権が付いたマンションを購入して、抵当権を実行されたら購入側としては困ったものです。
ですから、一般的にはマンション購入者の保護のためという事もあり、抵当権の抹消をしなければ売却する事ができないというわけなんです。

 

 

ただし、住宅ローンが残っている場合でも、マンションを売却したお金で抵当権抹消を行えば問題はなくなります。

 

もし、マンションの売却金額がローン残債より低い場合には、一括返済が条件になりますので、足りない分の金額を追加して支払う必要があります。

 

住宅ローンが残っている場合のマンション売却は、ローンを返済して抵当権抹消するだけのお金があるのかという部分がネックになってくると思います。

 

また、抵当権抹消には金融機関の資格証明書が必要になり、この証明書の有効期間は、3ヵ月で、その期間を徒過すると、新たに取得しなければなりません。
抵当権が抹消されていないマンションは、所有権の移転も自由にできず、売却もできない可能性も生じますので、ご注意を!!

 

抵当権抹消の手順について

住宅ローンがある場合のマンション売却関連ページ

マンションを売る方法
マンション売却の際には流れと方法について知る必要があります。このページを参考にして学習していきましょう!
必要経費と税金
マンション売却に必要な諸費用と税金について知ることで、より効率よくマンションを売却することができます。質問がある場合には、問い合わせフォームよりお願い致します。
必要書類について
マンション売却に必要書類をあらかじめ用意する事でスムーズに取引を行う事ができます。紛失している場合もあるので、事前にしっかりと準備しておきましょう!
相場の調べ方
マンション売却相場を知る事で、マンションをより高く売却できる可能性があります。このページではマンション売却の相場の調べ方について紹介していきます。

TOPページ 不動産業者の選び方 マンション値下げ相場 マンション売却時期 マンション売却相場